Vol1

 

 

スタートダッシュが遅れた私の就活・・・
涙し大変だった就活を乗り越えてわかったこと、
そんな就活のお話です。

涙し大変だった就活を乗り越えてわかったこと、
そんな就活のお話です。

 

 

10月や12月が就活解禁だったことがあるのはご存知でしょうか?
就活の開始時期というものは少しづつ変わっています。
また就活解禁とは大まかにナビサイトの情報解禁日とされています。

 

 

そんな私は運悪く、
周りに就活をしている友人もいない中、
今を生きることが精一杯。
就職への興味もなかったのでナビサイトの登録すらしていませんでした。

 

 

 

当時、一番力を入れていたのはアルバイトです。

 

 

私は、バイトを4つ掛け持ちし、
やればやるほど評価してもらえるアルバイトが
楽しくて仕方ありませんでした。

 

 

春になり、周りも就活を始める友人が増え、
全く就職活動をしていない事への不安や、
内定が出ている友人の話に焦りを感じたのを覚えています。

 

 

そのころから将来の自分のことを考えるようになり、
「何がやりたいのか」「どんな社会人になりたいのか」を考え始めました。

 

 

まだ社会への知識もなく未熟だった私の結論は
【目の前で人が喜んでくれることこそ仕事】と考え
プランナーやコンサルティングの仕事を探し始めました。

  

 

十分に自己分析や業界分析をしたわけでもなく、
ただ何となく就活をスタート。
ここが私の就活失敗談の始まりになりました。

 

 

知識もない中、満足に自己分析を行っていなかったことから、誰に相談するでもなく勝手に業界や業種を絞り企業へエントリーしたのは経ったの5社

 

履歴書の書き方も独自のポリシーを貫き、
とりあえずアルバイトという与えられた仕事しか経験もない。
面接では何が伝えたいのかも曖昧でした。

 

 

 

もちろんうまく選考が進むわけもなく、6月の時点で内定もゼロ。

 

 

さすがに滅入ってしまった私は、
当時行っていたアルバイト経験を活かし
受付のお仕事で就職を測ります。

 

 

業界も一新して考え、
今まで見ていた成長企業ではなく安心安全の大手企業。

 

 

誰もが知っている大手に入社出来れば、
就活を失敗に終わらせずすべてを取り戻せると確信しました。

ただ、時期も時期でしたので大手企業の募集もほぼゼロ。

 

 

 

この時点ですべて乗り遅れ。

 

 

何一つうまくいっていないのは何も計画をしていなかった自分のせいです。

このままじゃだめだと思った私は、
身近にいる社会人の方にとことん話を聞いてみることにしました。

 

まずは両親、そしてアルバイト先の先輩や社員さん

その他にも友人のつてで出会った方にお話を聞いていると、
社会人は就活で決まるわけではないと感じました。

 

 

その時くらいから終身雇用という言葉は廃れ、
男性社会から女性も活躍できる環境も増え、
一人ひとりがどんなサービスを作り出すか、
新しい時代を誰が切り開いていくかが注目され始めた時だったからです。

 

 

 

その時点ですでに10月

 

 

もう振り返っても遅いので、前を向いて就活を行いました。
時期が遅いのを重々承知しながらも、エージェントさん二履歴書を見ていただいたり、面接練習をしていただき、自身では気づかなかった癖や欠点を指摘していただき、自己分析や業界分析を行いました。

 

 

そうはいっても求人も出ていない時期。
HPから人事の方や採用担当の方にメールや電話でアポを取り
どうにか面接をしていただく状況が続きました。

 

 

30件ほどアポをかけ、面接ができたのは経った2社。

  

 

何とか大手メーカーの一般職より内定をもらうことができました。

希望は総合職だったので、
配属された受付のお仕事は全く違う業種でしたが、
就活でうまくいかなかった分、
仕事に前向きに取り組むことができています。

  

 

  

私にとって就職活動は人生の挫折と言っていいほど、辛かった経験です

 

 

一歩遅れてしまったことで、選択肢が減ってしまったこと、

お祈りされる度、涙が止まらなかったこと、
社会に必要とされていないのではないか?と
何度も就活を始めていない過去の自分を悔みました。

 

 

でもその経験があったからこそ、
今では先を見て行動ができるようになり
今後の人生を豊かにできた経験です。
そして自身の活きる幅を大きく変えた出来事だったと言えます。

 

 

 

就活は一種の社会勉強だと思います。

  

 

ひとりで会社を見て、社会人に会い、自分をプレゼンする。

学校じゃ教えてくれないマナーや自身の在り方、
そして社会の手ごわさを教えてくれる。

 

就活を行った人だけが知っている、
今後頑張れること、
その時に背中を押してくれた人がいること、
そのおかげで自分自身が気づけることがたくさんあります。

 

私は【誰よりも失敗した就活経験】を基に、
皆様が失敗しない方法を一緒に考えております。

オンラインでも面談や模擬面接を行っており、 随時相談を受け付けております。
私でよかったらご連絡お待ちしております。

 

 

就活の始め方や悩み相談はこちらから

友だち追加