Vol2

 

 

私が就職活動を始めたのは大学3年の夏でした。

何事も動き出しが遅かった自分は、
就職活動は早く終わらせて残りの大学生活を楽しみたいと思い、
案内が届いた説明会に参加したのが私の就職活動の始まりでした。

しかし、今まで自分の将来を考えたこともなく、
やりたいこともありませんでした。

 

 

 

 はじめまして。ベンチャー企業。

その時に参加した説明会は設立5年目のベンチャー企業。
みなさん、ベンチャー企業というものを何か知っていますか?

 

 

私はその説明会でベンチャー企業の魅力を知りました。
結果を出して、20代から活躍している人がいること
様々な経験を経て、スキルを活かして仕事をしている人
そんな人たちのお話に感銘を受けました。

 

 

また同時に結果を出さなければ
そこで成長することができないのではという不安もありました。

 

 

大手であれば、徐々に給料が上がり、
食べていくのには困らない生活が手に入ると思っていたので、
ベンチャー企業で仕事へのチャレンジをしていくか、とても悩みました。

 

 

 

悩みのきっかけ:結果が出せるか心配

 

 

そんな中11月頃に学生と企業のマッチングイベントに参加しました。

多くの学生と人事の方の前で自己PRをする場面があり、緊張のあまり話の内容がめちゃくちゃになってしまいました。

 

 

グループディスカッションでも積極的に発言できず、
その他大勢の中の1人になってしまいました。
今までの自分だったら別にこのままでもいいやと思っていたかもしれません。

 

 

しかし、経営者の方や、
意識の高い学生などとせっかく触れ合うことが出来てるのに、
このままでいいのか、参加している意味があるのかと、危機感を感じました。

 

今までみたいに「 なんとなく」じゃダメだ。
今までの自分を変える必要がある。
そう感じ、積極的に就職活動に取り組みました。

 

 

感じたことのない、刺激と焦り

何事にも積極的に行動して、
トークスキルを磨きマネジメント能力をつけ、
将来的には1人でも生きていけるくらいに成長したいと思い、
私はベンチャー企業に絞ることにしました。

 

 

12月、1月は今の就職先のインターンにも何度か参加させていただきました。
少しずつですが夏の頃と比べると、
グループワークの中心にいると実感しました。

 

 

他の学生の意見に対して、
自分の経験を踏まえ意見を述べることで
グループワークを良い方向に進めることができました。

 

 

1番大きく変われたと思った瞬間が
2月に行われた学生と企業とのマッチングイベントでした。

学生70人ほどいる中で選ばれた学生が
イベント終了後に経営者と食事に行ける特典があり、
自分が選ばれたのです。

 

 

たくさんのイベントに参加してきて初めて結果がでた瞬間でした。
小さな結果ではありますが、一歩前進できたかなと思います。

 

 

そして3月にベンチャー企業から内定をいただくことができました。
人事の方の『人に伝える力』や、『影響力』に憧れ、
自分もそういった存在になるためにたくさんのことを学び、
成長していきたいと思い、この会社を選びました。

 

 

また、そこで働いている方たちが笑顔で仕事をしているのを見て、
辛いことがあった時に一緒に乗り越える仲間が大事だなと思いました。

 

 

就活とは学生の間で成長する期間だと私は思います。
大学生時代何もしてこなかった私にとって1番成長する期間となりました。

 

就活を始める前は、やりたいこともない、
とりあえず名前の知っている企業に行ってみようくらいの感覚でした。

 

しかし、たくさんの人と関わることによって
今までの考えじゃいけないんだと気づき、
たくさんの就活イベントに参加して、自分で感じるほど成長することができました。

 

 

そして本当に行きたい企業も見つけることができ、
私の中では就職活動がうまく行ったと実感しています。

 

 

就活の始め方や悩み相談はこちらから

友だち追加